試合結果詳細

[試合結果にもどる]

第35回ライオンズ杯

管理番号
1 [この試合結果を編集する]
試合日時
2012年3月4日/10時00分
第1回戦-第1試合
試合場所
奈良阪球技場
チーム名1234567EX合計
Hit1001013
登美ヶ丘フェニックス3000047
都跡スポーツ少年団0000000
Hit0010012
バッテリー
吉野蓮、江口-善田
2塁打
3塁打
ホームラン
監督コメント
投手陣は、まだまだ安定性に欠けるが要所は押さえ込んでいた。
打撃の弱さを機動力でカバーする彼等のスタイルで初戦の緊張感を、
脱したように思う。

[次試合以降入力]

管理番号
351 [この試合結果を編集する]
試合日時
2012年3月11日/9時00分
第2回戦-第1試合
試合場所
鴻ノ池球場
チーム名1234567EX合計
Hit010001
佐保スポーツ少年団000000
登美ヶ丘フェニックス2562×15
Hit22239
バッテリー
吉野蓮、岡林-善田
2塁打
金口
3塁打
森本
ホームラン
監督コメント
初戦を征し、選手達もやや落ち着いた表情に見える。
吉野蓮、岡林の無四球リレーで守備は堅調、攻撃は、
相手投手に助けられた部分もあるが、結果9安打と
まずまず芯で捕らえていた。

[次試合以降入力]

管理番号
352 [この試合結果を編集する]
試合日時
2012年3月18日/10時21分
第3回戦-第2試合
試合場所
鴻ノ池球場
チーム名1234567EX合計
Hit010102
京終スポーツ少年団010012
登美ヶ丘フェニックス20005x
Hit000011
バッテリー
吉野蓮-善田
2塁打
3塁打
ホームラン
監督コメント
先制攻撃による2点で、自分達のペースで進むかに見えた。
しかし、野球はそんなに甘くはない。単調な攻撃、つまらない
ミスが目立ちはじめ、気づけば同点。
結果相手のミスで勝ちを得たが、課題の多いゲーム。
続く、第2試合までに切り替えができるかが鍵を握る。

[次試合以降入力]

管理番号
353 [この試合結果を編集する]
試合日時
2012年3月18日/13時35分
準決勝-第4試合
試合場所
鴻ノ池球場
チーム名1234567EX合計
Hit001000102
やまと000000101
登美ヶ丘フェニックス10000002
Hit001101003
バッテリー
江口、吉野蓮-善田
2塁打
阿部
3塁打
ホームラン
監督コメント
投手7イニング規定の難しい状況で、江口が7回をきっちり
投げきり、吉野連(残2イニング)につないだ。

初回に先制点、自分達のペースかと思われたが相手投手も
さすがに後半、本来の調子を取り戻し試合はプレーオフへ。
相手の4番からの攻撃を猪奥、森本の落着いたプレーで封じ
2アウト、無得点に抑える。その裏先頭森本が、粘りの10球で
四球を選びゲームセット。

選手たちは雨中の中、集中力が欠けるどころか回を重ねるごとに
力が増してきて、本当に輝いていた。

この力をして決勝に望めれば問題なし!

[次試合以降入力]

管理番号
354 [この試合結果を編集する]
試合日時
2012年3月20日/8時52分
決勝戦-第1試合
試合場所
鴻ノ池球場
チーム名1234567EX合計
Hit01000304
登美ヶ丘フェニックス00000202
西大寺ドリームズ00000000
Hit00011013
バッテリー
吉野蓮-善田
2塁打
3塁打
ホームラン
監督コメント
澄み切った青空の下、ちょうど2年前と同じこの地で同じ
思いを込めて再び戦える・・。

私の思いとうらはらに、選手達は以外に冷静さが窺える。
プレーが始まり内野陣への巧みな攻撃にも屈する事無く普段どおり
アウトを重ねていく。投手・吉野蓮も安定した投球で失点を与えず
後半の味方の援護を待つ。

我慢の後半6回、西の安打から猪奥がつなぎ、今大会ラッキーボーイ
へチャンスがやってくる。
打者・森本は強振する事なくライト前へ2点タイムリーヒット!
数少ないチャンスで見事勝利に近づいた。

歓喜の瞬間はよく覚えてないが、選手どうしベンチで抱き合い、
満面の笑みだけは私の目に映った。

桜色に囲まれた上野野球場で再び県大会へ向かう。選手達に大感謝!


[次試合以降入力]