試合結果詳細

[試合結果にもどる]

2011年度リーグ戦

管理番号
308 [この試合結果を編集する]
試合日時
2011年3月27日(日)/13時55分
第1節-第試合
試合場所
平城第二グランド
チーム名1234567EX合計
Hit000202
西大寺ドリームズ000101
登美ヶ丘フェニックス000000
Hit100102
バッテリー
江口-善田
2塁打
なし
3塁打
なし
ホームラン
なし
監督コメント
この時期のジュニアの試合とは思えない締まった試合。
ナイスゲームではあったが、それだけに「勝っておきたかった」。
4回表1死2塁で4番にセンターオーバー2塁打を打たれのが決勝点となった。
追い込んでいただけに配球が悔やまれる…まぁ打った相手も立派だが…

一方、攻撃面では初回先頭の森本がヒットで出塁するも、走塁死したのが最後まで響いた。
これを含め2回橋本、4回には難波も盗塁死するなど相手のバッテリーにしてやられてしまった。

貧打線克服と走塁の精度向上が当面の課題と感じた試合でした。

[次試合以降入力]

管理番号
317 [この試合結果を編集する]
試合日時
2011年4月3日(日)/10時50分
第試合
試合場所
西大寺北小
チーム名1234567EX合計
Hit112105
登美ヶ丘フェニックス012115
大安寺アパッチボーイズ000101
Hit101103
バッテリー
江口-善田
2塁打
なし
3塁打
なし
ホームラン
なし
監督コメント
まずはリーグ戦初白星をあげられました。
2回表、岡林のスクイズ成功で1点。
3回表、難波のスクイズ、金口のタイムリーで2点。
4回、5回にも相手のエラーにつけ込み1点ずつ加点。
江口は安定した投球。1回の1死3塁を無得点で切り抜けてからは危なげない内容でした。
我がチームはただいま打撃不振の為、やむなくスクイズを多用。
4番5番に早く当たりが戻って欲しい。
殊勲賞はナイスヒットとスクイズ成功の難波。

[次試合以降入力]

管理番号
318 [この試合結果を編集する]
試合日時
2011年4月3日(日)/12時40分
第試合
試合場所
西大寺北小
チーム名1234567EX合計
Hit20215
鳥見ゼブラーズ20002
登美ヶ丘フェニックス0013
Hit00101
バッテリー
森本、江口-善田
2塁打
3塁打
ホームラン
監督コメント
思い出すだけでしんどくなる試合でした。
先発森本、立ち上がりを攻められ2失点。
2点ぐらいすぐ返せる、と思いましたが得点力不足の我がチームはなかなか追いつけず。
3回裏、和田四球で出塁→盗塁、大船の絶妙のバントヒットで無死1-3塁のチャンス。ここでまさかの和田の暴走本塁憤死…結局1点しか取れず。

4回表の相手の攻撃を代わった江口が何とか無失点に抑え4回裏の攻撃に。70分ゲームの為、時間的には最後の攻撃。

先頭橋本にはなんとしてでも塁に出ろ!と指示、粘った結果四球で出塁→盗塁で無死2塁。続く江口は進塁打で1死3塁に。
ここで前の試合でスクイズを決めている岡林。まずは同点にと考えカウント1-1からスクイズ敢行するもファール。
バットを短く持つように指示した結果、サードゴロ。ここで3走橋本が三・本間に挟まれ万事休す………

と思いきや、橋本が塁間で粘ってる間に相手が3塁へまさかの暴投!これで同点。
橋本とハイタッチして、岡林に目をやるとここでも二・三塁間で挟まれている…

するとまさか、まさか、まさかの暴投でボールが転々と右中間に。で、まさかのサヨナラ勝ち。ちょっとした奇跡ですかね。

しかしこんな試合をしてたら先が思いやられる。
勝負に負けて試合に勝たせてもらった、という試合。やはり少年野球、特にジュニアはミスをした方が負けるということ。
我がチームは貧打線とまずい走塁の建て直しが急務です。

[次試合以降入力]

管理番号
319 [この試合結果を編集する]
試合日時
2011年4月10日(日)/8時55分
第試合
試合場所
東登美ヶ丘小
チーム名1234567EX合計
Hit001001
ジュニア神功000000
登美ヶ丘フェニックス2101×4
Hit01001
バッテリー
森本-善田
2塁打
3塁打
ホームラン
監督コメント
勝つには勝ったが…貰った点ばかり。
我がチームは1安打のみ。相変わらずの貧打戦。
打席で四球を狙ってるのか?と思いたくなる消極的な姿勢が目立つ。
打席へ向かう際の心構えから鍛え直さないと…

殊勲賞は完封の森本。

[次試合以降入力]

管理番号
320 [この試合結果を編集する]
試合日時
2011年4月10日(日)/12時55分
第試合
試合場所
東登美ヶ丘小
チーム名1234567EX合計
Hit35019
高の原スポーツ少年団32016
登美ヶ丘フェニックス20215
Hit00202
バッテリー
江口-善田
2塁打
3塁打
ホームラン
監督コメント
江口、この日は全般的に球が浮き9被安打のメッタ打ちに合い大量失点。
しかし外野で取って欲しい当たりがいくつもあった…怠惰なカバーリング、消極的な守備はなんとかしないと。

攻撃は…11個の四死球を貰いながら8残塁とここぞという時に打てず。特に最終回無死2-3塁、4番という
絶好のチャンスで1点しか取れなかったのが情けない…この場面で自分はどういうバッティングをすべきかを
ちゃんと考えて打席に入らないと。

自分の指導方法が間違ってたか、凹むというよりちょっと考えさせられる試合でした。

[次試合以降入力]

管理番号
321 [この試合結果を編集する]
試合日時
2011年5月4日(祝)/10時30分
第試合
試合場所
富雄南小
チーム名1234567EX合計
Hit201025
登美ヶ丘フェニックス100023
奈良ジュニアファイターズ0002
Hit110125
バッテリー
江口-善田
2塁打
3塁打
ホームラン
監督コメント
初回2アウトから金口のヒット、相手のエラー、5番橋本のタイムリーで1点先制。
このまま3回まで1-0で推移し、4回裏JFの攻撃は3番から。ここを何とか抑えれば勝ちは見えて来ると思ってましたが、
さすがはJF、6番のタイムリー2塁打とスクイズで逆転され最終回に。

当方1死から森本がヒットで出塁。難波倒れ2アウト。3番金口が執念の四球で2死1-2塁で4番善田。
ヒット1本で逆転を狙い、ここでWスチール成功し2死2-3塁。しかし、ここでファーストフライ…
「万事休す」でしたが、まさかの落球で同点。ここで5番の橋本が初球を逃さず2本目のタイムリーをレフトに放ち、
なんとなんと、まさかの逆転で3-2に。

さあ、流れはこっちや!と再度気合を入れて最終回の守備に臨みましたが、1死からヒットを打たれ、
その後守備の乱れで同点に。その後四球→盗塁、3番のライトオーバー・サヨナラ2塁打でジ・エンド。

しかしこの試合は今までの1点差負けとは違う、選手達の成長を感じた試合でした。
奈良JFとは毎度いい試合が出来て嬉しいが、3試合分ぐらい疲れます…
勝ちたかった…

[次試合以降入力]

管理番号
322 [この試合結果を編集する]
試合日時
2011年5月4日(祝)/13時15分
第試合
試合場所
富雄南小
チーム名1234567EX合計
Hit121004
やまとジュニア110002
登美ヶ丘フェニックス2011×4
Hit11237
バッテリー
森本、江口-善田
2塁打
森本
3塁打
ホームラン
監督コメント
森本、初回に四球、ワイルドピッチで余計な失点。2回もピリッとせず1失点。
しかしこの日の我がチームは「まだまだこれから!」という空気がベンチにあった。
3回には善田、4回には大船のタイムリーが出て着実に加点、4回から登板の江口の好投もあり何とか4月トーナメントの
リベンジを果たすことが出来ました。

前節の敗戦以降、練習開始時間を早めバッティング練習に時間を割いた効果が漸く出てきました。
殊勲賞は前のJF戦でも熱投の江口に授与。

[次試合以降入力]

管理番号
323 [この試合結果を編集する]
試合日時
2011年5月8日(日)/10時50分
第試合
試合場所
西大寺北小
チーム名1234567EX合計
Hit122005
登美ヶ丘フェニックス011103
大宮ホワイトベアーズ1012×4
Hit00011
バッテリー
森本、江口-善田
2塁打
難波、善田、寺田、金口
3塁打
ホームラン
監督コメント
走塁と守備のまずさで自滅。
初回1死3塁での難波、2回善田の本塁憤死が痛い。次の塁を狙う姿勢は重要だが共に状況判断が悪い。
こういうプレーをすると守備のリズムも悪くなるもの。案の定1安打に抑えながら守備の乱れを衝かれ4失点。
ミスをした方が負けるという典型的な試合。

打線が好調なことは選手の努力の賜物と評価したいが…
なかなかうまくいかないものですね…

[次試合以降入力]

管理番号
324 [この試合結果を編集する]
試合日時
2011年5月8日(日)/12時15分
第試合
試合場所
西大寺北小
チーム名1234567EX合計
Hit0100001
伏見南スポーツ少年団0000011
登美ヶ丘フェニックス0000033
Hit0011125
バッテリー
江口-善田
2塁打
森本、岡林
3塁打
ホームラン
監督コメント
スコア的には締まった試合に見えるが拙攻の連続。
ほぼ毎回スコアリングポジションに走者置くもあと1本が出ず。
初回無死3塁でのライナーゲッツーが痛かった。ここで1点取れてれば全く違う展開になったはず。
この場面は抜けてからGoということをランコー含め徹底必要。覚えておくように。

プレーオフの場面では江口がよく防いだ。2回にわたるプレーオフの1失点は最高の結果。
方や攻撃面ではプレーオフで3番からという絶好の状況で無得点というのがいただけない。高の原戦でも似たような
場面があったが、全く経験が活きてない。
7回の寺田、岡林は良く打った。少し「男」を感じました。

[次試合以降入力]

管理番号
325 [この試合結果を編集する]
試合日時
2011年06月05日(日)/08時58分
第1試合
試合場所
東登美ヶ丘小
チーム名1234567EX合計
Hit300003
奈良チャレンジャーズ110002
登美ヶ丘フェニックス0200
Hit110013
バッテリー
江口(2)、森本(3)-金口
2塁打
3塁打
森本
ホームラン
監督コメント
主砲を骨折で欠く厳しい状況でエース江口が足の怪我を圧して志願の登板。
1回、2回とも踏ん張るエースをバックの拙守で足を引っ張り2失点。
しかしここで慌てず2回ウラに足を絡めた攻撃できっちり追い付いた事にチームの成長を感じました。

3回から登板の森本は完璧なリリーフ!ゲーム後半をしっかり締めてくれたことが最終回のサヨナラ勝ちに繋がりました。
この試合は投打では森本、レフトで好捕連発の岡林が光りました。

[次試合以降入力]

管理番号
326 [この試合結果を編集する]
試合日時
2011年06月05日(日)/13時42分
リーグ戦-第4試合
試合場所
東登美ヶ丘小
チーム名1234567EX合計
Hit200024
佐保スポーツ少年団200013
登美ヶ丘フェニックス0500×5
Hit01001
バッテリー
寺田、森本-金口
2塁打
3塁打
ホームラン
監督コメント
先発・寺田、制球安定せず1回途中で森本にスイッチ。
寺田はいい球を持っているのだからもっとマウンドで自信を持って投げて欲しい。
リリーフした森本は前の試合からの連投ながら、よく凌いでくれました。

しかしこの試合も先制されながらすぐに追いつけたことは評価。
特に2回、2塁走者橋本が岡林の左前打で3進し、レフトの緩慢な送球の隙を見てホームインした姿勢はGood!
この後、相手投手の制球が乱れ5連続四球等で一気に逆転出来た。

内容としては不満だがエースと4番を欠いた中での勝利、よく頑張りました。

[次試合以降入力]